初めてのスペイン巡礼を終えて読む「星の巡礼」から学ぶこと

パウロ・コエーリョの名書「星の巡礼」のレビューです。

「星の巡礼」はスペイン巡礼を題材にした書籍では最も有名な一冊。

著者パウロ・コエーリョの実体験をもとに綴られた本作は、現実離れした内容でありながらあまりに現実的な一冊でした。






目次

初めてのスペイン巡礼を終えて読む「星の巡礼」から学ぶこと

星の巡礼は、著者パウロ・コエーリョが実際にスペイン巡礼の巡礼路の一つ、フランス人の道を歩いた経験をもとに書かれています。



訳者のあとがきにも、

サンチャゴ・デ・コンポステーラへの「星の道」と呼ばれる古来からの道を歩いた経験をそのまま記したものが、この『星の巡礼』なのです。

– 星の巡礼

と書かれています。

作品内では、RAM教団や神秘的な体験など、ある種のファンタジー的な要素が強くフィクションかと思いきや、RAM教団は実在し、1981年にパウロ・コエーリョは実際にRAM教団に入団、その後作品内に出てくるように最後の試験に落第したと、あとがきに記されています。





パウロ・コエーリョ「星の巡礼」のあらすじ

ブラジルに住む主人公のパウロは、彼の所属するRAM教団にて剣を手にするため最後の試験に挑みますが、師匠に失格を告げれらてしまいます。

師匠は、彼の剣をスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへと続く、サンティアゴの道のどこかに隠すことを告げ、彼自身の手でそれを見つけ出しなさい、と告げます。

そうして彼はしぶしぶながら、ブラジルからスペインへと渡り、スペイン巡礼をすることになりました。

巡礼路上で待っていた、主人公パウロのガイド、ペトラスとともに巡礼の道を歩きながら剣を探す旅が始まりました。

物語は、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼記をベースにに、自己の探求や人間の内面的なことが大きな要素となっています。





「星の巡礼」の名言

一見、ファンタジー的な要素が強く見えますが、内容はとても本質的で誰もがもつ自身の内面的な弱さや恐怖、愛や力について物語に合うように言葉を変えて綴られています。



スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメントする

目次