【スペイン巡礼】必要な日数とルート選びのコツ【カミーノ】


スペイン巡礼の所要日数とルート選びのコツについて解説します。


スペイン巡礼の主要な巡礼路は全部で11ルート。
どのルートを選ぶかによって所要日数は大きく違います。


またそれぞれのルートによって景色や地域だけでなく、難易度も異なります。


・全11ルートの所要日数

・ルート選びと日程を計画するときのポイント

・1週間から10日の日程でもスルーハイク可能なルート


について解説します。


目次

【スペイン巡礼】必要な日数とルート選びのコツ【カミーノ】



「スペイン巡礼をしたいけれど日程が限られている」

「スペイン巡礼にどれくらい日数がかかるのか知って自分にあったルート選びをしたい」


そんな方に向けて、各ルートの所要日数また限られた日程でスペイン巡礼できるルートについて解説します。

記事の後半では、ルート選びと日程を組むときのポイントについても解説しています。


【全11ルート】スペイン巡礼の所要日数



スペイン巡礼の巡礼路には全部で11の主要なルートがあります。


総距離が短くてもアップダウンや山越えが多かったり、総距離が長くても歩きやすい区間が多かったりするので、必ずしも総距離と所要日数は比例しません。

また所要日数は平均的な日数です。

【イギリス人の道】119km / 約6日間 最も総距離の短いルート 

【冬の道】263km / 約10日間 ガリシア州全4県を歩く世俗を離れたルート 

【ポルトガル海岸の道】266km / 約13日間 海岸線を歩く初心者におすすめのルート 

【サナブレスの道】369km / 約13日間 歴史の古いルート 

【プリミティポの道】313km / 約14日間 難易度の高い上級者向けのルート 

【ポルトガルの道】625km / 約25日間 リスボンが起点の二番目に人気のあるルート 

【バスクの道】753km / 約32日間 中世に最も重要だったルート 

【フランス人の道】764km / 約33日間 最も有名で人気のあるルート 

【北の道】824km / 約34日間 海岸線を歩く最も景観の美しいルート 

【アラゴンの道】879km / 約34日間 巡礼者の少ない冒険的なルート 

【銀の道】970km / 約36日間 最も総距離の長いルート 


各ルートの詳しい情報はこちらをご覧ください。

>> 【スペイン巡礼の道】サンティアゴまでの全11ルートを解説【カミーノ】



【一番人気】フランス人の道は約33日間の日程



最も人気があり有名なフランス人の道は総距離764km、おおよそ33日間の日程です。

フランスのサン・ジャン・ピエ・ド・ポー (Saint Jean PIed de Port) が出発点です。

スペイン巡礼は分割して歩くことも途中からスタートすることも可能


スペイン巡礼は、必ずしも各ルートの起点からサンティアゴ・デ・コンポステーラまで一度に歩く必要はありません。

日程や体力に合わせて分割して歩くことも可能です。

特にフランス人の道のように総距離の長いルートは3分割して休暇のたびに巡礼を進める人も少なくありません。


また必ずしも各ルートの始点からスタートしなければならない訳ではありません。
各ルートの途中からスタートすることも可能です。



サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着すると巡礼路を歩いた証明書を発行してもらうことができます。
その証明書をもらうにはサンティアゴ・デ・コンポステーラから計算して100km以上の地点から歩くことが条件です。
(自転車の場合は200km以上)


フランス人の道の場合、サンティアゴ・デ・コンポステーラまで115km地点のサリアからスタートすると証明書を発行してもらえるため、サリアから出発する巡礼者も多くいます。

サリアから出発する場合は約5日間でサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着します。



【社会人でもできるスペイン巡礼】イギリス人の道は3〜6日間の日程



仕事の都合などで長い距離の巡礼はできないけれど、
一つのルートを最初からサンティアゴ・デ・コンポステーラまで一度に踏破したい方におすすめのルートはイギリス人の道です。

イギリス人の道は巡礼路の始点からサンティアゴ・デ・コンポステーラまで3〜6日間の日程で巡礼することが可能です。


イギリス人の道のスタート地点は2箇所。
サンティアゴより北に位置するフェロール、またはコルーニャが始点です。


フェロールからスタートした場合の所要日数:約6日間 / 119km

コルーニャからスタートした場合の所要日数:約3日間 / 74km




サンティアゴ・デ・コンポステーラまで残り41kmの地点ブルマ(Bruma)で二つの道は合流します。

ただし、コルーニャからスタートした場合は、サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの総距離が100km以内なので巡礼路を踏破しても証明書の発行はありません。


【日程を組むときの注意点】証明書発行のためにプラス1日が必要


(↑証明書を発行してもらうための整理券)


スペイン巡礼の日程を組むときに、必要な日数プラス1日で日程を組むのがおすすめです。


サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着すると、巡礼路を歩いた証明書を発行してもらうことができます。

その証明書を発行してもらうには事務所に行く必要があり、整理券をもらって番号順に呼ばれる仕組みです。


もちろん、理論上は到着した当日に証明書をもらうことができますが、
混雑時にはかなり待たなければいけなかったり、遅い時間にサンティアゴに到着することも考えられます。

そのため、一日余裕を持って日程を組むと良いでしょう。


一日どれくらいの距離を歩くのか



体力や経験など人によって違うので一概には言えませんが、このブログでは一日20〜30km歩くことを想定した日程です。

ガイドブックや各ウェブサイトでも同じような想定距離のものが多いです。


平坦な道が多かったり歩きやすい区間は長く歩けますし、
アップダウンの多い区間や困難な道が続くと歩ける距離は短くなります。

また天候やコンディションによっても変わります。


個人的には一日約23kmくらいのペースで歩いていました。

もっと歩こうと思えば歩けますが、
このペースで歩くと、急いで歩かずとも朝出発して15〜16時頃宿に到着し、その町を観光する余裕を持てる歩き方です。

夕方、もしくはもう少し早くその日の目的地に着くことができるので、町を観光する時間と体力を持てます。

同じルートを歩いていた人に何度も会うこともあり、このくらいのペースで歩く人が多いようです。


町の観光をせず、サンティアゴ・デ・コンポステーラに着くことを最優先にしていた人は
一日40km以上歩く人もいました。


スペイン巡礼のルートの選び方とポイント



人気のあるルートは混雑する場合あり


フランス人の道など人気のあるルートは整備がされていて歩きやすく、巡礼者も多いので出会いもたくさんあります。

しかし、それに比例してピーク時には宿の確保が難しいケースもあります。

現状、フランス人の道は夏のピークシーズンになるとベッドを確保するための競争のようになることもあり、宿の確保ができるかどうかのプレッシャーを感じる人もいるかもしれません。

宿を確保するために夜明けから歩く人もいます。

自分のペースでのんびりと歩いていると宿がないという状況もあり得ます。


宿やサインの数、整備の度合いもルートで異なる


初心者でも歩きやすいポルトガル海岸の道や、フランス人の道など人気のある道は宿や巡礼路を示すサインも充実していて整備も行き届いています。

しかしルートによってはサインが少なかったり、宿が少ない上級者向きの巡礼路もあります。


宿とサインの充実度が高く、整備されている道

・北の道 
・フランス人の道
・ポルトガル海岸の道

 

景色や地方で選ぶ


各ルートによって地方が異なり、同じスペインでも全く違う景色を見ることができます。



【海岸沿いを歩くルート】
・ポルトガル海岸の道
・北の道

【二カ国楽しめるルート】
・フランス人の道
・ポルトガルの道
・ポルトガル海岸の道

【ガリシア州4県を通る唯一のルート】
・冬の道

【スペインを横断するルート】
・フランス人の道
・北の道
・アラゴンの道
・バスクの道

【スペインを縦断するルート】
・銀の道



【スペイン巡礼】所要日数とルートの選び方【カミーノ】まとめ

どの巡礼路を選ぶかによって、風景も難易度もさまざま。

どのルートも魅力たっぷりでこうしてブログに綴っているだけでわくわくします。笑

あなたにぴったりのルートを探してみてください!



>> スペイン巡礼路全11ルートの詳しい概要はこちら

>> 宿や装備などスペイン巡礼の基本情報はこちら




スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。



スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは、イギリス人の道は2度歩きました。距離は勘違いしてるかも知れないので、再考した方が良いと思いますよ。

    • おくさま

      コメント、ご指摘ありがとうございます!!
      距離勘違いしておりました、、、修正いたしました。
      フェロールとコルーニャからスタートされたのでしょうか?
      カミーノ好きの方にコメントいただけて嬉しいです。

コメントする

目次