【カミーノ第二の終着点】世界の果てフィステーラを目指す道

スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指すスペイン巡礼。

実は、スペイン巡礼のゴールである聖地サンティアゴを出発点にさらなる巡礼のルートが存在するのをご存知ですか?


そのルートの目的地はフィステーラ(Fisterra)


聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着したあと、
最終目的地フィステーラを目指し再びカミーノの旅を始める巡礼者たちもいます。





スペイン巡礼者たちをさらなる旅に駆り立てるフィステーラとはどんな場所なのか?



本記事では

・フィステーラとはどんな場所?
・フィステーラがカミーノの最終目的地と言われる理由
・聖地サンティアゴからフィステーラまでの巡礼路とは

について、実際にフィステーラまで歩いたわたしが解説します。

この記事を読めば、さらなる冒険にわくわくすること間違いなし!

目次

【カミーノ第二の終着点】世界の果てフィステーラを目指す道

フィステーラは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラの西側に位置している海に面した場所です。

フィステーラってどんな場所?

スペイン巡礼者の間では、実はフィステーラが最終的な目的地と言われています。

その為、聖地サンティアゴで第一のカミーノを終え、
再びフィステーラまでの第二のカミーノを始める人もいます。

フィステーラ(Fisterra)とはスペイン語で「地の果て」という意味。



フィステーラの町の端にはフィステーラ岬という海に囲まれた断崖絶壁の岬があります。

紀元前から中世初期まではフィステーラ岬が「世界の果て」だと考えられていました。
現代でもフィステーラは ”End of the world” ”World’s end” と呼ばれています。





またフィステーラには、古代都市Dugium(ドゥヒウム)があったとされていて聖ヤコブの遺体を埋葬するために弟子たちが向かった場所と言われています。


とはいえ、聖ヤコブにまつわる場所であり「世界の果て」という名が付くくらい特別な場所であることは確かですが、フィステーラへの巡礼のはっきりした理由は定かではありません。

というわたしも、カミーノ仲間にフィステーラという場所の存在を教えてもらい、
世界の果てという響きと、なんか知らんけど行くべき場所というだけで歩くことを決めました。笑

サンティアゴ・デ・コンポステーラからフィステーラへの巡礼ルート

聖地サンティアゴからフィステーラまでの巡礼路には、他の道のように名前はついていません。

サンティアゴ・デ・コンポステーラを起点にフィステーラまでは90kmの巡礼路です。

フィステーラまで歩く多くの人は3日間で歩いています。


聖地サンティアゴにフィステーラへと続く標識の起点があります。

フィステーラ岬にある0.00kmの標識

フィステーラ岬には0.00kmと書かれたモホン(標識)があります。

カミーノの最終地点、旅の終わりを告げるモホンは感慨深いものがあります。


ヨーロッパ各地から伸びる巡礼路が聖地サンティアゴで一つになり、
そこから一本の道がこのフィステーラまで続いています。

フィステーラで靴を燃やす習慣

フィステーラに到着した巡礼者たちは、
海に入り体を清め、着ていた衣類と巡礼で履いていた靴を燃やすという習慣がありました。

死と再生。
過去の浄化。

いろいろなことを思い起こさせますね。


しかし、靴や衣類を燃やすことは、火事への懸念や燃えたあとの景観破壊、ゴミの問題から現在は禁止されています。


その為、中には小さな紙に自分だけの言葉を書いて燃やす人もいます。

燃やすという行為で、自分にとって不要な過去や想念を捨て去り、生まれ変わるような意味があるのかなと感じています。

不思議なことに、何も燃やさずともフィステーラ岬に着くと生まれ変わるような、要らないものを手放せたような感覚になりました。

フィステーラまで歩く人はどれくらいいるの?

聖地サンティアゴからフィステーラまで歩く人は、実際のところそこまで多くありません。

カミーノ巡礼中に多くの友達ができましたが、その中でフィステーラまで歩く人はわたしだけでした。

聖地サンティアゴから歩き始めると今までの多くの出会いが嘘のようにほとんど人に会わなくなります。


とはいえ、フィステーラの地を踏みたいとたくさんの巡礼者が訪れています。
フィステーラへは歩きではなくバスで行く人が圧倒的に多いです。

【カミーノ第二の終着点】世界の果てフィステーラを目指す道 まとめ

世界の果てと呼ばれるフィステーラ。


スペイン巡礼でサンティアゴまで行ったら、ぜひフィステーラまで足を伸ばしてみてください。

聖地サンティアゴへ到着した時とはまた違う、感動を味わえます!



スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメントする

目次