【スペイン巡礼】巡礼中に不要な荷物をサンティアゴに送る方法【カミーノ】

本記事では、巡礼中に不要な荷物をサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局に局留めで送る方法をご紹介します。


スーツケースやあらかじめ巡礼に不要だとわかっている荷物を、巡礼がスタートする前に送りたい方も今回ご紹介する方法で送ることができます。

またサンティアゴ・デ・コンポステーラ以外の巡礼路上の郵便局に局留めで送ることも可能です。




1gでも荷物を軽くすることが快適に歩くコツになるスペイン巡礼。

スペイン巡礼をスタートする前に、じっくりと荷物を吟味しているのではないでしょうか。


はじめてのスペイン巡礼では、

「 これは持っていきたいけど、どうしよう。」

と迷うこともあるかもしれません。



必要最低限だけ持っていくことにこしたことはありませんが、実際に巡礼をスタートしてから、



coco

とりあえず持ってきたけど、やっぱり要らなかったなぁ。でも捨てたくないんだよな。





という荷物は、巡礼路上にあるスペインの郵便局Correosからサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局に局留めで送ることができます。



実際に歩いてみて不要になった荷物はサンティアゴ・デ・コンポステーラに送り、身軽になった状態で巡礼をして、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着したら、送った荷物を受け取ることができます。


今日は、スペイン巡礼中に不要になった荷物を、巡礼路にある郵便局からサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局に局留めで送る方法を解説します。





目次

巡礼に不要な荷物は巡礼路上のどの郵便局にも送ることができる

巡礼に不要な荷物を送りたい時、ふたつのパターンがあります。


巡礼に不要な荷物を送る
  • 巡礼をスタートする前に要らない荷物を送りたい
  • 実際に巡礼してみて不要になった荷物を送りたい



どちらのパターンでも同じ方法で送ることができます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局に局留めで荷物を送る場合、保管してくれる期限は最長で45日間です。




「 今回の巡礼ではサンティアゴ・デ・コンポステーラには行かないので、巡礼路上のどこかの郵便局に送りたい。」

「サンティアゴ・デ・コンポステーラに45日以内に到着するかわからない。」


そのような場合は、巡礼路上にある好きな郵便局に局留めで送ることができます。


また、町Aから町Bの郵便局に荷物を送って受け取り、町Bから町Cの郵便局に荷物を送ることも可能です。



本記事ではサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局へ局留めで送る方法をご紹介します。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ以外の郵便局へ送りたい方は、送り先をご自身が送りたい郵便局に置き換えてご覧ください。





巡礼中に不要な荷物をサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局に送る方法

まず、スペイン巡礼中に荷物を送る流れを簡単に解説します。


STEP
巡礼路にある郵便局へ行く
STEP
サンティアゴ・デ・コンポステーラへ荷物を送る手続きをする
STEP
サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着したら郵便局で荷物を引き取る


荷物を送りたくなった時点で最寄りの郵便局から、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ荷物を送って身軽な状態で巡礼ができます。


スペインの郵便局では局留めの荷物保管期限は通常2週間です。

荷物を送った地点から、サンティアゴ・デ・コンポステーラまで2週間以内に到着できない場合も多いと思うので、その場合の方法もあわせて解説します。

スペイン巡礼者の荷物は最長45日まで保管してもらうことができます。





スペインの郵便局コレオスCORREOS

スペインの郵便局はコレオスCorreos と言います。

黄色い背景に青いロゴが目印です。





荷物を送る時の梱包資材は郵便局で購入できる

段ボールなど、荷物を送るときに梱包資材が必要な場合はスペインの郵便局Correosで購入できます。

私は郵便局で段ボールを購入し、その場で梱包して発送しました。





荷物をサンティアゴ・デ・コンポステーラのCorreosに送る手続き方法

スペインの郵便局Correosに行き、梱包した荷物を渡して、サンティアゴ・デ・ポンコステーラのCorreosに荷物を送りたい旨を伝えます。

通常、Correosでは郵便局での保管期限は2週間。

2週間たっても荷物を取りに来なかった場合は、送り主の住所として記入した住所に返送されます。


とはいえ、私たち巡礼者は2週間以内にサンティアゴ・デ・コンポステーラに到着しない場合もありますよね。


送り主の住所を、荷物を送る郵便局と同じ住所に設定することで、2週間期限の保管期限が過ぎても同じ場所で荷物を保管してもらうことができます。


送り先の住所:郵便局A
送り主の住所:郵便局A

郵便局Aで保管期限が2週間経過した後、返送先となる送り主の住所 ”郵便局A” にそのまま保管してもらえる




サンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局へ送る場合は、送り先、差出人の住所の欄に同じサンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局の住所を記載します。


サンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局の住所

Rúa do Franco, 4
15702 Santiago de Compostela


大抵は、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ送りたい旨を伝えるとスタッフの方が書いてくれます。



サンティアゴ・デ・コンポステーラ以外の郵便局に送る方は、ご自身が送りたい郵便局の住所を送り先と送り主の欄に記載してください。


とはいえ、2週間以内にサンティアゴ・デ・コンポステーラに着こうが着かまいが、返送先の住所=送り主の住所は必ず聞かれますので、送り主の住所は、受け取る郵便局にしておけば間違いありません。





一応、


・スペイン巡礼者であること

・2週間以内に到着できない可能性があること

・2週間経っても同じ郵便局に保管しておいてほしいこと


を伝えるとスムーズです。

通常は上記を伝えると30日間の保管期限で手続きしてくれるので、45日間保管して欲しい方はその旨を伝えましょう。




荷物の送料

Correosの送料は重さと保管期間によって決まります。


荷物の送料
・保管期限2週間まで

〜15kg:20.95ユーロ
〜25kg:31.40ユーロ

・保管期限30日まで

〜15kg:28.95ユーロ
〜25kg:39.40ユーロ

・保管期限45日まで

〜15kg:35.95ユーロ
〜25kg:46.40ユーロ

上記の料金表はCorreosの巡礼者用サービスの公式サイトを参照しています。


15kg以下の料金は記載されていないので不明ですが、私の場合は重さ2.5kg、30日間の保管で16.9ユーロでした。



ちなみに、スペイン巡礼が終わったあとバックパック旅をする予定だったので、バックパッカー用に持っていた街歩き用のスニーカーやパーカーなど、バックパック旅に使いたいけどスペイン巡礼には不要なものを送りました。




スペインの郵便局Correosで英語は通じる?

実体験では、自分の荷物の送付やスペイン巡礼で仲良くなった人の付き添い、葉書を送るために4回ほどスペインの郵便局Correosを訪れましたが、4回とも英語は通じませんでした。

荷物を送る際に、保管期限など必ず伝えたいことも多いので、スペイン語に不安のある方は、可能であれば仲良くなった巡礼者の方などに付き添ってもらえると安心かもしれませんね。

荷物を受け取るサンティアゴ・デ・コンポステーラのCorreosでは英語が通じましたよ。





荷物を受け取るための書類

荷物を送る手続きが完了すると、上記の書類が添付されたメールが送られてきます。

荷物を受け取る時の引換券になりますので、削除しないようにしましょう。

また、印刷された紙の引換券も渡されます。

こちらも、受け取る時に必要になりますので無くさないようにしましょう。





Correosからのメール

荷物を送る手続きが完了すると数日のうちに上記のようなメールが届きます。



翻訳すると、

「 荷物を送ってから2週間後の○月△日までに荷物を引き取らないと返送しますよ。」

という内容です。

2週間後の保管期限が過ぎても、返送先を同じ郵便局に設定していますので、保管期限を過ぎても荷物が移動されることはありませんのでご安心ください。

このメールは無視して大丈夫ですし、特に何かの手続きは必要ありません。





サンティアゴ・デ・コンポステーラでの荷物の受け取り方

サンティアゴ・デ・コンポステーラの郵便局Correosに行き、引き換えの紙を見せると荷物を持ってきてくれます。


保管場所は郵便局とは別の建物にあるようで、30分ほど時間がかかりました。

結構のんびりしているので、時間に余裕を持っていくのがおすすめです。



私は、保管期限の2週間を過ぎてから荷物を受け取りに行きましたが、しっかりと同じ郵便局に保管してくれていたので無事に荷物を受け取ることができましたよ。




フランス人の道のスタート地点付近から荷物を送る場合【サンジャンピエドポー・ロンセスバーリェス】

フランス人の道を歩く方の場合、

・サンジャンピエドポーSaint-Jean-Pied-de-Port

・ロンセスバーリェスRoncesvalles


いずれかの町からスタートする方も多いと思います。


フランス人の道のスタート地点であるサンジャンピエドポーはフランスに位置しているため、スペイン国内の郵便局であるCorreosのサービスは使うことができません。



またピレネー越えをした後の町ロンセスバーリェスには郵便局Correosはないので、2.7km先にある隣町ブルグエテBurgueteから送ることができます。


8:30~9:30のみ営業(土日祝休み)






サンジャンピエドポー、またはロンセスバーリェスから巡礼をスタートする前に荷物を送りたい方は、パンプローナから荷物を送るのもおすすめです。

パンプローナには郵便局Correosはもちろん、ロンセスバーリェス、そしてサンジャンピエドポー行きのバスが運行しているので、荷物を送ってからご自身のスタート地点へと向かうことができます。

パンプローナには空港もあるのでアクセスも簡単ですよ。


パンプローナは大きな街なのでCorreosがたくさんあります。





Correosを使うと不要な荷物なしで巡礼を楽しめる

スペイン巡礼では荷物が軽いほど楽に歩くことができるので、1gでも荷物を軽くするのがおすすめです。

Correosを利用することで、不要な荷物を持ち歩くことなくスペイン巡礼を楽しむことができます。

あらかじめスペイン巡礼に不要な荷物を送ってからスペイン巡礼をスタートすることもできるので、スペイン巡礼に要らない荷物のある方も気軽に巡礼を楽しむことができますよ。




スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • はじめまして。
    巡礼を計画している者です。
    記事は大変参考になりました。ありがとうございます。
    ただ今回の巡礼は、日数の関係で、途中のレイン辺りまでを予定しています。サンティアゴではなく
    ロンセスバーリャスから送って、ブルゴスあたりの都市で郵便局留めにし、そしてブルゴスからまたレオンまで、というふうにピストンで送っていく。そういったことは可能でしょうか。
    ご存知なら教えていただければ助かります。

    • chamさま

      こんにちは。コメントありがとうございます!
      ブルゴスやレオンなど、サンティアゴ・デ・コンポステーラ以外の郵便局に局留めで送ることも可能です。
      またピストンで送ることも可能ですよ。

      荷物に関して、ありがたいことにご質問を多くいただいており、今回良い機会を頂いたので本記事にて加筆いたしました。
      ロンセスバーリェスから荷物を送ることができる場所も加筆いたしましたので、宜しければ参考にしてみてくださいね^^

      楽しい巡礼になりますように!

  • ありがとうございます。
    これで安心して巡礼することができます。

コメントする

目次