ポルトガル海岸の道ハイライト|ポルト〜サンティアゴの概要【スペイン巡礼】


スペイン巡礼、ポルトガル海岸の道 (Portugués de la Costa / Portuguese coastal way ) の概要とハイライトをご紹介します。


2019年9月19日〜10月1日にかけて、スペイン巡礼のポルトガル海岸の道をスタート地点のポルトからサンティアゴ・デ・コンポステーラまで歩きました。

266kmのポルトガル海岸の道の概要と、ポルトからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでのハイライトを実体験をもとに解説します。



目次

ポルトガル海岸の道ハイライト|ポルト〜サンティアゴの概要【スペイン巡礼】




ルート名:Portugués de la Costa / Portuguese coastal way

出発地:ポルト Porto(ポルトガル)

到着地:サンティアゴ・デ・コンポステーラ Santiago de Compostela

総距離:266km

所要日数:13日間


日程の詳細はこちら
Stage1 : Porto – Vila Cha ( 21.28km ) 
Stage2 : – Póvoa de Varzim ( 10.66km)
Stage3 : – Esposende ( 20.25km )
Stage4 : – Viana do Castelo ( 25.27km )
Stage5 : – Caminha ( 27.30km )
Stage6 : – Viladesuso ( 21.10km )
Stage7 : – Baiona ( 14.91km )
Stage8 : – Vigo ( 26.29km )
Stage9 : – Redondela ( 16.39km )
Stage10 : – Pontevedra ( 19.64km )
Stage11 : – Caldas de Reis ( 21.05km )
Stage12 : – Padrón ( 19.20km )
Stage13 : – Santiago de Compostela ( 24.47km )




ポルトガル海岸の道の概要



ポルトガル海岸の道( Portugués de la Costa / Portuguese coastal way )は、ポルトガルのポルトPortoを出発点に、ポルトガルの海岸線に沿って北上しサンティアゴ・デ・コンポステーラに向かう道です。



( 出典:gronze.com )


ステージ9に到着する町レドンデラ ( Redondela ) からは、ポルトガル人の道の道に合流します。


ポルトガルのノルテ地方、そしてスペインのガリシア地方と2カ国を歩くことができるポルトガル海岸の道。

国境越えはポルトガルのCaminhaから船で川を渡り、スペインに入ります。




ポルトガル海岸の道は、スペイン巡礼の中でもアップダウンが少なく、アルベルゲやサインの数が充実している、初心者でも歩きやすい道。

実際に、私の初めてのカミーノはポルトガル海岸の道でした。それまで、ロングトレイルやバックパックを背負って歩くという経験はなく、全く新しい試みでしたがポルトガル海岸の道は必要なものが全て整っているので安心して楽しんで歩くことができました。



ポルトガル海岸の道は、広大な大西洋を眺めながら歩き、夕暮れ時には水平線に沈む夕日を堪能できます。

ポルトガルの美しい街や自然の中も歩き、ポルトガルとスペインの二カ国を楽しめる。

バランスのとれた、海、自然、街、ポルトガル、スペインを欲張りに楽しむことができるルートです。





ポルトガル海岸の道|ポルトガル編



序盤は多くの区間を海岸線に沿って歩きます。

ポルトガル海岸の道の全体を通して海岸線に沿って歩きますが、ポルトガル内、特に最初の3日間は大西洋を眺めながら歩きます。





私が歩いた時は、曇りがちで序盤は青空を見ることはできませんでしたが、晴れたら最高の景観であることは間違いありません。



出発点のポルトから始まり、3日目までは歩行者用の道が整備されています。

こんな感じの道がどこまでも続きます。

左を見れば海、右を見れば赤と緑のポルトガルらしい植物地帯。
右側の光景は、地球ではないどこかのような惑星感がありました。




海岸線沿いには数は多くありませんが、所々で食べ物や飲料を買える店やレストランがあります。

とはいえ、ポルトガル海岸の道では、一日を通して必ずどこかに飲食店があるので重い食料をバックパックに詰め込まずに歩けます。



ポルトガル海岸の道は全体を通して激しいアップダウンはありませんが、その中でもステージ4のViana do Casteloへの道はポルトガル海岸の道の中で勝負どころなステージかもしれません。


ステージ4では今まで平坦な道が続いた後に3度のアップダウンがあります。とはいえ、標高140mなので歩き慣れている人ならばなんてことないかもしれません。


ポルトガル海岸の道|ポルトガルのハイライト



巡礼路全体を通してキリスト教にまつわる文化を見ることができますが、序盤は特に多く見られます。

3本の十字架はド迫力。おそらく等身大と思われる大きさで、恐怖すら感じるものがありました。


小さな田舎町Belinhoでは、スピーカーを使ってミサを町中に放送していました。しんとした町にミサだけが響き渡る様子は初めての経験で、信仰の深さを感じる地域が多くありました。






ポルトガルの海岸の道|ポルトガルの町



Viana do Castelo


Viana do Casteloではアンブレラアートが。規模は大きくないですが、ローカル感があって良い感じです。

Póvoa de Varzim



Póvoa de Varzimはカジノもあり、リゾート地としても人気の場所。夏のピークシーズンは多くの人がホリデーに訪れることが想像できます。



Póvoa de Varzimの町にはビーチがあり、水平線に沈む夕日を見ることができます。

まさに絶景で、私の人生で見た心に残る夕日ベスト3に入っています。

言葉を失うほどのその美しさに浸る時間は至福そのものです。



ポルトガル海岸の道| スペイン前半編



スペインに入ると、海沿いから離れ山道や村々の間を歩く区間が多くなります。



ポルトガル海岸の道で歩くスペインの地域は、ガリシア地方。北スペインならではの、のどかな村々や人々の暮らしを感じながら歩きます。




序盤に比べると、アップダウンや山を越える場所も多くなります。決して過酷すぎるようなステージではありませんが、ポルトガル海岸の道で最もハードさを感じるのはスペイン前半です。



ステージ7のBaionaへの道は、アップダウンはそこまできつくないものの緩やかな上り坂が続く山越えがあります。足元はゴツゴツした石の上を歩くことも多く、気力、体力が必要ですが山越えしたところに素敵なカフェがありました。




庭で採れた自家栽培の野菜たちで作ったスープとパン、そしてコーヒー。

ドネーション制のこちらのカフェは、美味しい食事はもちろん平和で穏やかな空気が流れていました。


場所は覚えていないのですが、Baionaへ向かう最後の山を降りたところの道なりにあります。


ポルトガル海岸の道|スペイン前半のハイライト



スペイン前半の見どころは、ガリシア地方の緑豊かな自然たち。

自然の中を歩く区間が多くなりますが、海の広大な美しさとはまた違う山の自然を楽しみながら歩くことができます。





すーっと息が通るような空気の中で、太陽に照らされた自然歩きは贅沢そのもの。

また山道でも地域によって表情が全く変わるのも面白いところです。



ポルトガルの海岸の道|スペイン前半の町

Vigo



スペインの前半には、ポルトガル海岸の道で最も大きな都市Vigoがあります。

歩行者天国や大きな百貨店も立ち並び都会を感じる大都市です。

巡礼中に何か買い足したいときは、この町でなんでも揃います。



Baiona



Baionaは石造りの小さな路地が特徴的で美しい街並みに飽きることがありません。

個人的にはポルトガル海岸の道の中で一番気に入った町です。




Baionaにはスペインの国営ラグジュアリーホテルであるパラドールもあり、1ユーロでパラドールのバーに入ることができます。

目の前に広がる海を見ながらパラドールのバーで飲むビールは最高でした。


ポルトガル海岸の道|スペイン後半編



ポルトガル海岸の道の終盤は、平野が多い区間です。

終盤はカミーノ仲間と一緒に歩くことが多く、写真があまり残っておらずお見せできないのが残念なのですが。

アップダウンはそれほど多くなく、だだっ広い場所をひたすらに歩いていきます。

最終日のサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの道は最後のアップダウンがあります。


ポルトガル海岸の道|スペイン後半のハイライト



スペイン後半の見どころは、豊かに実る農作物。

トウモロコシやかぼちゃなど、人々の生活を感じられるガリシア地方の畑や農村部の風景が広がります。




葡萄畑も多く、葡萄に囲まれて歩くこともありました。

頭上に実る葡萄畑のアーチを通ったり、落ちている葡萄をいただくことも。


ポルトガルの海岸の道|スペイン後半の町


Caldas de Rsis




Caldas de Reisはほとんど観光客のいない静かな町。

観光化されていないぶん、飾らないそのままのガリシアの田舎町を見ることができます。


Pontevedra




Pontevedraはどこかサンティアゴ・デ・コンポステーラを思わせるような情緒ある町。

ポンテベトラ県内では、ポルトガル海岸の道のスペイン前半で通過するビーゴに次ぐ大きな都市。美しい建造物も多く、観光地としても楽しめる町です。



ポルトガル海岸の道ハイライト|ポルト〜サンティアゴの概要【スペイン巡礼】まとめ



ポルトガル海岸の道は、一つの巡礼路に海と山、ポルトガルとスペイン、農村部と町など一度で二度美味しい、楽しさがぎゅっと詰まったルートです。


バランスよくいろいろ楽しみたい人におすすめのルートです。


また、ルートの難易度も易しく、アルベルゲやサインも充実しており混雑がありません。

2週間ほどで気楽に歩くことができる巡礼路ですが、目の前に映る景色は忘れられないものになるはずです。


 ポルトガル海岸の道の詳細

ポルトガル海岸の道のアルベルゲの数やサインの充実度、ルートプロフィールなど、ポルトガル海岸の道を歩く上での情報は以下の記事をご覧ください。


[sitecard subtitle=合わせて読みたい url= https://thenewwisdon.com/what-is-costal-portuguese-route-on-camino-de-santiago=]




スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。



スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメント一覧 (4件)

  • ポルトガル巡礼の隠れた目玉は何?
    行った人しかわからない、休憩ごとのバールでのお菓子、種類が多く美味しい。巡礼中同じものは食べずに1ヶ月頑張ったが、食べ尽くせなかった!スペイン国境の橋を渡る時のあの気持ち、ピンチョスも悪くは無いが、疲れた時のカフェコンレチェと甘いお菓子‼️忘れられない。

    • 大西光子さま
      同じものを食べないとはすごいです?疲れた時の甘いものは本当に美味しいですね!
      ポルトガルではナタをとても気に入り、そればかり食べていました笑

      どの食べ物も美味しいけれど状況によってさらに美味しく感じますよね?

  • こんにちは。ポルトガルの道、最高ですね。
    私はルートを替えながら3度歩きましたが、コロナが終息したら必ず歩きに行こうと思っています。
    ビラチャは2019年に逆歩きでファティマを目指してる時に泊まることができました。
    人のいいおじいちゃんが受付だったので、もしかしたら同じ人かな?

    • おくさま

      ファティマへの巡礼とはさすがです!おくさまのカミーノのサイトも拝見させて頂きカミーノ愛が伝わってきました。
      おじいちゃん、もしかしたら同じ人かもしれないですね^ ^
      次歩くのが楽しみですね!
      個人的に実際に歩くときはもちろん、それまでの準備やルート調べなど歩く前からペレグリノな気分です笑

コメントする

目次