【ポルトガル海岸の道】巡礼記4 Esposende-Antas【スペイン巡礼】

スペイン巡礼、通称カミーノのポルトガル海岸の道を歩いた巡礼の記録です。

2019年9月後半に人生初めてのカミーノでポルトガル海岸の道を歩きました。


カミーノは歩く瞑想と言われたり、スピリチュアル的な要素を感じる人も多いといいます。
わたしもその一人で、カミーノで感じた五感が冴え渡る感覚は今でも忘れられません。

カミーノで得た経験は、ありきたりな言葉ですが人生で経験した最も印象的な出来事のひとつとなりました。


そんな人生初のカミーノ、ポルトガル海岸の道の巡礼の記録です。


主に歩きながら感じた気づきな内面的なことを、当時の日記をもとに綴っています。





目次

【ポルトガル海岸の道】巡礼記4 Esposende-Antas【スペイン巡礼】



出発地:ポルト(ポルトガル)
到着地:サンティアゴ・デ・コンポステーラ
総距離:266km
所要日数:13日間






ポルトガル海岸の道|日程

2019年9月19日〜10月1日の13日間でポルトガル海岸の道を歩きました。


ポルトガル海岸の道の日程

スクロールできます
日付出発地到着地距離巡礼記
1日目PortoVila Cha21.28kmポルトガル
2日目Vila ChaPóvoa de Varzim10.66kmポルトガル
3日目Póvoa de VarzimEsposende20.25kmポルトガル
4日目EsposendeViana do Castelo25.27kmポルトガル
5日目Viana do CasteloCaminha27.30kmポルトガル
6日目CaminhaViladesuso21.10kmスペイン
7日目ViladesusoBaiona14.91kmスペイン
8日目BaionaVigo26.29kmスペイン
9日目VigoRedondela16.39kmスペイン
10日目RedondelaPontevedra19.64kmスペイン
11日目PontevedraCaldas de Reis21.05kmスペイン
12日目Caldas de ReisPadrón19.20kmスペイン
13日目PadrónSantiago de Compostela24.47kmスペイン




>> 【ポルトガル海岸の道】巡礼記3 Povoa de Varzim-Esposendeはこちら


上記の日程は、あくまで私が歩いた際の記録です。

何日間で歩くのか、1日に何キロ歩くのかなど、カミーノの日程は全てご自身の自由です。






【ポルトガル海岸の道】4日目 Esposende – Viana do Castelo前編 ( Antasまで )

爆睡して、すがすがしい気持ちで目覚めた。

同室の昨日一緒に夕食を食べたみんなは、揃って朝食を食べていた。
朝食は無料ではないので、50セントのコーヒーだけ頼んだ。

B&Bの優しいオーナーが、お金はいいよって言ってくれてコーヒーをご馳走になってから、
みんなに軽く挨拶をして足早に出発した。

昨日の夕食で、上手くみんなと話せなかったわたしは、なんとなく気まずかった。



歩きながら、昨日の夕食のことを考えていた。

ネガティブな自分を作っていたのは、自分自身だったのだ。

自分で自分にネガティブなセルフイメージのラベルを貼って、
他の人も自分のことをそういう風に見ているだろうと決めつけていた。


自分らしくいて、嫌われるならそれでいいし、背伸びする必要も、
取り繕う必要もなかった。

わたしはわたしでいい。合う人もいれば合わない人もいる。

ただそれだけ。

There is no good thing or bad thing. Just there it is. It is all about how I feel.

この日、ノートに書いていた言葉。
今読み返しても好きな言葉だ。





カミーノカラーの靴が可愛い。

巡礼路のいたるところで、多くの人が巡礼者のためにユーモア溢れるモチーフやサインを作ってくれている。



ボタンみたいな木の実。

カミーノしていると普段なら見落としてしまうような小さなものの美しさに気づく。




しばらく歩くと、白を基調とした小さな村、Belinhoに着いた。

日曜日の今日はどの教会でもミサをやっていて、このサンペドロ教会でも人々がミサのために集まっていた。
教会の入り口には手作りのお菓子が売られていた。

この村では、村中に設置されたスピーカーを通してサンペドロ教会で行われているミサが大音量で村中に響き渡っていた。

村のどこにいても家の中でも聞こえるミサ。




Belinhoから少し歩くとAntasに着いた。

独特な模様の家が多いこの村を歩いている途中で、雲行きが怪しくなってきた。

あ、降るかも。

雨に備えて準備をしようと思った途端、スコールのように大雨が降り出し立派な大きな樹の下で雨宿りした。

歩いていると、この雨はすぐ止むな、とかもわかってきて、予想通り少し雨宿りしていると雨は上がり、さっきまでの豪雨が嘘のようにピッカピカの晴天になった。

この豪雨からの晴天が、これから通る山道を奇跡のように美しく見せてくれた。





木々や葉っぱにはさっきまでの雨の雫がまだ残っていて、太陽の光が照らし、
山の草木が、花が、キラキラと輝いていた。




こうやってその時その瞬間にしか見られない景色を見るのがたまらなく楽しい。

さっきまでの豪雨は自然をより美しく見せてくれるスパイスとなった。



わたしの撮る写真は上手くないし、ブログに載せている写真も画質がお世辞にもよいとは言えない携帯で撮っていた。

でも写真を撮るのが楽しくて、撮っているうちに写真とはその人の視点なんだなぁと気づく。

同じ景色を見ていても、人によって焦点を当てる場所も惹かれる場所も違う。

それが面白くて、同じように、人に対しても、人がそれぞれ持っている違う焦点の当て方を面白がれたら楽しいなぁと思う。





山道を抜けると、しんとした大きな広場があってしばらくここで休みながら、
歩いてきた自然の美しさの余韻に浸っていた。







>> ポルトガル海岸の道巡礼記5はこちら

>> ポルトガル海岸の道巡礼記一覧はこちら




スペイン巡礼に関するご質問があれば、Twitter @coco_caminos のメッセージ、またはお問い合わせからお気軽にご連絡ください。

コメント

コメントする

目次